ストレスによる円形脱毛症の発症時期

精神的なストレスを過度に受けることによって、様々な病気を引き起こしてしまいます。

ストレスによって、頭痛や胃腸炎、十二指腸潰瘍まで至ってしまうケースも少なくありません。

その中の一つに円形脱毛症があります。

円形脱毛症の最大の原因が円形脱毛症と言っても過言ではありません。

しかし、ストレスを感じてすぐに円形脱毛症が引き起こされるわけではありません。

ストレスを感じてから約4ヶ月ほどで、症状が表れるようになります。

これは、古い髪の毛が抜けて新しい髪の毛に生え変わるヘアサイクルが関係しているからです。

そのため、「今はストレスを感じていないのに髪の毛が抜け始めた」と感じる方がいらっしゃるでしょう。

この時間差が生じることによって、円形脱毛症の原因が特定しにくくなってしまうのです。


ストレスによる円形脱毛症の悪循環

過度のストレスを感じることによって、血管が凝縮してしまいます。

凝縮によって組織が死んでしまう場合があります。

これが頭皮に影響していると考えられています。

また、円形脱毛症を引き起こしたことによって、さらにストレスを感じ、そして円形脱毛症が悪化するという悪循環に陥ってしまう方が増えています。

円形脱毛症になってしまった方の家族や友人は、本人を傷つけないように接してあげましょう。


ストレスによる円形脱毛症の改善

円形脱毛症になったことでショックを受けてしまう気持ちは分かりますが、もっと気楽に考えることが大切です。

治すことができない不治の病ではないので、運動をしたり、趣味に没頭したりしてリフレッシュしましょう。

もし自分が円形脱毛症だと感じたならば、早期に皮膚科や病院に行くことをオススメします。

また、スヴェンソンでは、個人の症状に合わせて、その人に一番適した改善方法を提供しています。

無料で相談することもできます。

そして、無料で資料を請求することができますので、困っている方は是非スヴェンソンを頼ってみてください。