単発型円形脱毛症

単発型円形脱毛症が最も多い症状であると言われています。

ある日急に、脱毛が頭の1箇所に及びます。

大きさは10円玉よりも少し大きめの円形になっていることが多いでしょう。

子供から大人まで幅広く発症され、男女共に見られるパターンです。

単発型円形脱毛症の患者さんの6割近くが、自然に治ると言われています。


多発型円形脱毛症

多発型円形脱毛症は、円形の脱毛が頭に2箇所以上できる症状を指します。

脱毛の部分が徐々に大きくなる可能性があり、一度治ってもまた再発することがあります。

自然治癒する可能性は薄く、しっかりとした治療を行ったとしても、完治するまでに半年から2年ぐらいはかかってしまいます。


多発融合型円形脱毛症

多発融合型円形脱毛症は、円形の脱毛が数箇所以上に及んでいて、頭皮の髪の毛がどんどん抜けていってしまいます。

症状が悪化すると、全ての髪の毛が抜けてしまう場合もあるのです。

多発融合型円形脱毛症は、非常に治りにくいとされている難治性円形脱毛症の一つであります。

治療には相当の時間と努力が必要になってきます。


全頭脱毛症

全頭脱毛症は、頭の髪の毛が全て抜け落ちてしまう症状を指します。

治療が難しく、かなりの時間を費やすことになります。

全頭脱毛症の原因ははっきりと分かっていませんが、日頃のストレスが原因ではないかと考えられています。


汎発性脱毛症

頭の髪の毛だけではなく、全身全ての毛が抜けてしまう症状を指します。

脱毛症の中で汎発性脱毛症が一番重症であると言われています。