円形脱毛症と洗髪の関係性

円形脱毛症とシャンプーの関係性は円形脱毛症の予防で少し説明致しました。

円形脱毛症を患っている方は、ちょっと髪の毛を引っ張っただけでも抜け落ちてしまうので、シャンプーやリンスによる洗髪を行わないという方がいらっしゃいます。

これはあまり良くありません。

髪の毛を綺麗に洗わないことで、汚れや皮脂が毛穴に詰まってしまい、円形脱毛症とは別の脱毛症を引き起こしてしまう可能性があります。

「髪の毛を洗うことが怖い」「もう自分の抜け落ちる髪の毛を見たくない」という気持ちは分かりますが、血行を良くするためにある程度の刺激は必要です。

全く髪の毛を洗わないとさらに状態が悪化してしまうので気を付けましょう。


気を付けたいシャンプーの種類

シャンプーの種類は大きく分けて2種類あります。

1つ目は、天然素材を原料としたシャンプーで、2つ目は、石油を原料としたシャンプーです。

今、市販で販売されているシャンプーのほとんどが石油を原料としています。

石油を原料としているシャンプーは、界面活性剤を元にして作っています。

界面活性剤は泡立ちが良く、高い洗浄力を持っています。

しかし、浸透力も高いので、頭皮の毛穴に入り込んでしまいます。

こうなることで、毛根がダメージを受けてしまう可能性があるのです。

界面活性剤が配合されているシャンプーを使用することで、円形脱毛症の症状を悪化させてしまう危険性があるので、気を付けましょう。

天然素材を原料としたシャンプーは、コラーゲンや植物エキスが配合されていることが多くなっています。

これらの成分は、炎症を抑える作用があるので、円形脱毛症を患っている方に非常に効果があります。

また、副作用が起こることはほとんどないので、安心して使用することができます。

天然素材を原料としたシャンプーは、抜け毛対策にも繋がるので、積極的に使っていきましょう。


気を付けたいリンスの種類

リンスを使用する場合は、油分があまり配合されていないものを選びましょう。

そして、髪の毛にリンスの液体が残らないように、しっかりと洗い流しましょう。