円形脱毛症とピルの関係性

女性の円形脱毛症が増えた原因として、精神的なストレスを受けることが多くなったことが挙げられます。

その他にも、過度のダイエットによる影響が考えられます。

ダイエットによって栄養素が不足してしまいます。

そうなると、髪の毛に行き届くはずだった栄養素も減ってしまうのです。

結果、髪の毛の生え変わりのサイクルが上手くいかなくなります。

また、ピル(経口避妊薬)を服用することによって、円形脱毛症を引き起こしてしまう可能性があります。

ピルに含まれている女性ホルモンが髪の毛の成長に影響を与えてしまうことがあります。

定期的に服用するのではなく、服用の期間があいてしまうことで、髪の毛の生まれ変わりに影響が起きると言われているのです。

ただ、ピルと脱毛は関係がないという医師もいらっしゃるので、一概には言えません。

一度円形脱毛症になっても、そのままピルを服用し続けている方もいます。

その方は、今は何も異常がないそうです。

どちらの説が正しいかは定かではありませんが、円形脱毛症を悪化させてしまいそうな原因は、全て取り除く必要があるでしょう。