円形脱毛症の方が行うパーマやヘアカラー

円形脱毛症の方は、パーマやヘアカラーは控えた方が良いでしょう。

美容院の方によっては、「大丈夫です」と言うかもしれませんが、頭皮のことを考えると円形脱毛症が治るまでは止めておきましょう。

円形脱毛症は、過度のストレスによって免疫機能が壊れてしまい、自分の毛根を攻撃することにより起こる可能性が高いのです。

そのため、円形脱毛症の方は、免疫機能が敏感になっていると言えます。

そのような状態で、パーマやヘアカラーといった刺激の強い液体を頭皮に加えることで、免疫機能が過剰に反応してしまいます。

頭皮に直接付かないとしても、髪の毛に付着したパーマやヘアカラーの液体が頭皮に落ちることは十分に考えられます。

即ち、治るスピードが遅くなり、円形脱毛症が悪化してしまうこともあります。

悪化すればするほど、治りが遅くなってしまうので、円形脱毛症が完治するまでは、パーマやヘアカラーは避けましょう。

どうしても髪型や髪の色を変えたいという方は、まず医師に相談してみましょう。


円形脱毛症の方のウィッグ

ウィッグならば、頭皮を傷つけることもありませんし、痛めることもありません。

最近では、オシャレなウィッグがどんどん登場しています。

医療用のウィッグでもオシャレに気を遣っている会社はいくらでもあります。

ウィッグにヘアカラー剤やパーマ剤を使用することができますので、円形脱毛症の方は、ウィッグを使用するようにしましょう。

もし、パーマやヘアカラーを使用したことで症状が悪化すれば、それだけオシャレをできなく期間が長くなってしまいます。

それは自分の首を絞めることになりますので円形脱毛症が完治するまでは我慢しましょう。


妊娠中のパーマやヘアカラー

妊娠中の場合も円形脱毛症と同じように、パーマやヘアカラーは避けた方が良いでしょう。

それは、何かしらの影響でパーマやヘアカラーの液体が体内に入り込み、胎児に影響を与えてしまう可能性があるからです。