女性に起こる円形脱毛症

円形脱毛症が性別や年齢に関係なく起こることは、円形脱毛症と子供(小児円形脱毛症)で説明致しました。

特に最近では、女性の方の円形脱毛症が増えてきています。

女性の円形脱毛症の一番の原因は、精神的なストレスによるものです。

自分の頭に円形脱毛症ができていたら、それは相当なショックを受けてしまうと思います。

女性は特にオシャレや髪型に気を遣っていたりします。

円形脱毛症が発覚した時は、言葉にできないほどショックを受け、落ち込んでしまうでしょう。

こうして塞ぎ込んでしまうことで、さらに精神的なストレスは溜まってしまいます。

このストレスによって、さらに円形脱毛症は悪化してしまうので、悪循環から抜け出すことができなくなってしまいます。

改善するにはリラックスをするしかありません。

決して治らない病気ではないので、気楽に考えていく必要があります。

女性の円形脱毛症は軽度の場合でも、完治するまでに5ヶ月から6ヶ月ぐらい費やしてしまうことが多くなっています。

しかし、焦らずにゆっくりと治療していきましょう。


出産後における抜け毛

女性の場合、子供を出産した後に抜け毛が増えてしまうことがあります。

この際に、「自分は円形脱毛症なのではないか?」と感じてしまう方がいらっしゃいますが、心配はありません。

出産後の抜け毛は、黄体ホルモンの影響で一時的に起こっている現象にすぎません。

黄体ホルモンが活発に分泌されることで、髪の毛が生え変わるサイクルが変化します。

これが、出産後の抜け毛の原因なのです。

これは自然に起きてしまう現象なので、考えすぎる必要はありません。

生理現象の一種であるので、髪の毛が生え変わるサイクルが戻れば、大量に抜け毛が落ちるということはありません。

しかし、出産後の育児でのストレスによって、円形脱毛症になってしまう可能性はあるので、気を付けましょう。

そんな時は、スヴェンソンに相談してみてください。

あなたに合った対策を考えてくれるでしょう。