円形脱毛症は複数の箇所に渡って形成されることはあるの?

円形脱毛症は頭皮の一部分に脱毛斑が形成される病気のことを指し、子供から大人まで幅広い年代の方が発症する可能性があります。

「頭皮の一部分にハゲができる」とイメージしている方が多いかもしれませんが、実は複数の箇所に渡って形成されることもあるのです。

最初は1ヵ所にしか形成されていなくて脱毛部分も小さかったとしても、時間の経過によって複数の箇所に転移したり大きくなったりというケースは意外と多いので注意しなければなりません。

円形脱毛症の種類というページでもご説明しましたが、1ヵ所に形成されるのか数ヶ所に形成されるのかによって呼び名が下記のように異なります。

 

単体型の円形脱毛症:「単発型とも呼ばれている」「頭髪の1ヵ所に楕円形の脱毛斑が形成される」「最も多くの人に見られるタイプ」「1年間以内に80%の人が治る」「特別な治療を受けなくても自然治癒するケースが多い」

 

複数型の円形脱毛症:「多発型とも呼ばれている」「頭皮の複数の箇所に脱毛斑が発生する」「病院で適切な治療を受けても回復までには半年間から2年間と長い期間がかかる」「拡大する可能性が高いので自然治癒は難しい」

 

上記のように症状には大きな違いがあり、どちらにしても精神的なストレスが溜まって自律神経に乱れが生じたり、外部の攻撃から守っている免疫反応が自分の身体や細胞を攻撃したりという原因で引き起こされます。

いきなり複数型の円形脱毛症が引き起こされるケースは少ないものの、単発型から症状が進行することは多いので十分に注意してください。

 

複数に渡って形成された円形脱毛症は治療できるの?

複数の箇所に渡って形成された円形脱毛症は自然治癒しにくいと上記では説明しました。

そのため、症状を改善して本来のフサフサの髪の毛へと戻すには、専門医の指示に従って適切な治療を受けなければなりません。

鍼灸治療や睡眠療法、漢方薬の服用といった治療では大きな効果は期待できませんし、何よりも多発型の円形脱毛症を自力で治すのは無理があります。

円形脱毛症の特効薬は未だに開発されていませんが、個人の症状に合わせて下記のような治療を続ければ回復へと向かうはずです。

 

内服薬:血流を促すセファラチンやアレルギー症状を緩和する抗アレルギー薬など

外用薬:ステロイドが含まれたデルモベートスカルプローションなど

光線療法:薬剤を塗布したり服用したりした後にUVAを照射して皮膚病を治す

冷却治療:ドライアイスや液体窒素を脱毛部分へと当てて乱れた免疫細胞の働きを抑える

ステロイドパルス療法:数日間に渡って大量のステロイド薬を投与する治療

局所免疫療法:SADBEやDPCPなど人工的にかぶれを引き起こす薬剤で発毛を促す

 

もちろん、症状が悪化してから何かしらの治療を受けるのではなく、単発型の円形脱毛症の段階で正しい処置を受けるような試みを行い、複数型の症状を予防してみてください。