男性ホルモンの働き

男性ホルモンは体のあらゆる毛を成長させる働きがあります。

男性が女性よりも毛が多いのはこのためです。

しかし、髪の毛の場合は違ってきます。

男性ホルモンが髪の毛に働きかけようとすると、毛根でジヒドロテストステロンという物質に変えられてしまいます。

ジヒドロテストステロンは毛根の細胞を凝縮しようと働いてしまいます。

これによって、新しい髪の毛の成長を妨げてしまうのです。

即ち、抜け毛が多くなってしまうのです。

そのため、髪の毛にとって、男性ホルモンは敵であると言うことができます。


円形脱毛症と男性型脱毛症(AGA)の関係性

男性ホルモンの影響によって男性型脱毛症(AGA)が引き起こされる場合があります。

男性型脱毛症とは、成人男性の髪の毛がだんだんと薄くなってしまうことを指します。

男性型脱毛症は男性ホルモンだけではなく、遺伝によって引き起こされる場合もあります。

どちらにせよ、個人によって差が出ると考えてもらって構いません。

この男性型脱毛症と円形脱毛症の治療方法は異なっています。

円形脱毛症の場合は、自然に治ってしまうケースもありますが、男性型脱毛症の場合は自然に治ることがありません。

治すためには、薬を用いるしかありません。

男性型脱毛症の薬は、頭皮に直接付けるタイプと飲み 薬があります。


男性ホルモンと円形脱毛症の関係性

男性ホルモンによって男性型脱毛症が引き起こされる可能性はありますが、男性ホルモンによって円形脱毛症が引き起こされることはありません。

そのため、男性ホルモンの働きと円形脱毛症には関係が無いと言うことができます。